< img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=694251724707063&ev=PageView&noscript=1"/>

瞑想による痛みの改善効果

瞑想による痛みの改善効果

こんばんわ!
健康と幸せのエネルギーを
お届けする和慧陽子です

冬の到来ですね
12月に入り体が冷えてしまう方が
多くいらっしゃいます

そして継続した冷えから
痛みを起こしてしまう原因になることも!

心身の痛みや不快な症状は、冷えや
ストレス、体質などの原因により
気が滞ると起きてしまう現象です

 

痛みは体の気の通りが悪いところで
発生するというのが東洋医学の考え方です

↓古くからこのように言われています

//////////////

不通則痛、則病
通則不痛、則無病

気が通らないと痛みや病気があり
気が通っていれば痛みもなく病気もない

/////////////

導引瞑想を続けてエネルギーを高め、
ご自分の気の通りを良くしましょう

心身の健康に気を整えることはとても大切です!

さて

私たちの導引瞑想は
痛みの改善などにも大変有効です

実際に瞑想は以下のような
論文が発表されています

4日間で40%の痛み改善とは
驚異的な数値ですよね!

////////////////////////////////
Brain Mechanisms Supporting the Modulation of Pain by Mindfulness Meditation
マインドフルネス瞑想による痛みの調節をサポートする脳のメカニズム
United States: Society for Neuroscience
Summary
アメリカ 神経学会より

概要
自分の環境の主観的な経験は、感覚的、認知的、感情的なプロセス間の相互作用によって構築されます。

何世紀にもわたって、瞑想は感覚イベントの評価のない表現を可能にすることによってそのようなプロセスに影響を与えると考えられてきました。

瞑想が感覚体験にどのように影響するかをよりよく理解するために、動脈スピンラベリング機能的磁気共鳴画像法を使用して、マインドフルネス瞑想が健康な人間の参加者の痛みに影響を与える神経メカニズムを評価しました。

4日間のマインドフルネス瞑想トレーニングの後、有害な刺激の存在下で瞑想すると、安静時と比較して、痛みの不快感が57%減少し、痛みの強さの評価が40%減少しました。

2因子反復測定ANOVAを使用して、瞑想と痛みに関連する脳の活性化の間の相互作用を特定しました。

瞑想は、対側の一次体性感覚野の痛みに関連した活性化を減少させました。

重回帰分析を使用して、瞑想に関連する痛みの軽減の大きさの個人差に関連する脳領域を特定しました。

瞑想によって誘発される疼痛強度評価の低下は、侵害受容処理の認知調節に関与する領域である前帯状皮質および前帯状回の活動の増加と関連していました。痛みの不快感の評価の低下は、眼窩前頭皮質の活性化、感覚イベントの文脈評価の再構成に関係する領域と関連していました。さらに、痛みの不快感の減少は、視床の不活性化にも関連しており、これは、求心性入力と大統領命令の脳領域との間の相互作用の変更に関与する辺縁系のゲーティングメカニズムを反映している可能性があります。

一緒に、これらのデータは、瞑想が求心性情報から主観的に利用可能な痛みの経験の構築を変える複数の脳のメカニズムに関与していることを示しています。

/////////////////////////////////////////

実際に、私たちの瞑想クラスで
導引瞑想を継続して行った結果

痛みが改善されたという感想を
多くいただきます!

さらにデータを集めて論文にまとめて
いきたいと考えています☆

エビデンスをまた皆さんへお伝え出来たら
とてもうれしいです!

現在、12月14日限定で
エネルギー体験会を行っています♡

この体験会で導引瞑想も体験できます!

↓こちらから↓

ご参加いただいて
生命エネルギーアップしてください☆

それではまた☆

健康 愛 感謝
和慧

Leave a reply